若ハゲ・・・どうにかしたい(><)

2

近年、20代や30代位の若者の中で薄毛に悩んでいる人が多いようです。

年老いてからの薄毛は諦めもつくようなんですが、若いうちからハゲてしまうと諦めもつかず、どうにか隠そうとする・・・

髪型で隠してみたり、いっその事スキンヘッドにしてみたり。

気になるからトイレに鏡がある場所によく行き髪型を確認する・・・

自分が映る場所ではついつい髪の毛を見てしまう・・・

友達や恋人の視線が頭に向いてる様な気がして仕方ない・・・

他にも薄毛が気になって、好きな人にアプローチ出来なかったり・・・

ハゲてくると自分に自信が持てなくなるみたい。

いわゆる若ハゲ!!

これってどうにか出来ないの???

スポンサードリンク


若ハゲについて少し調べてみました

若ハゲとは、一種の脱毛症!!

若年性脱毛症と言われています。

通常は加齢(60歳以上)とともに少しずつ薄くなっていくものです。

老化による「血行不良」や「毛乳頭の衰え」が原因で起こります。これを一般的には「老人性脱毛症」といいます。

しかし「若ハゲ」は、早い人では10代から発症してしまう脱毛症です。

男女関係なく若ハゲに悩む人は多いようですが、圧倒的に男性の方が悩んでいる人は多いみたいです。

ハゲの種類には、生え際やそり込み部分の髪の毛が薄くなるタイプと頭頂部から薄くなっていくタイプがあります。

友達はまだまたくさん生えているのに何で自分だけハゲてるの?    

遺伝?

遺伝にしてはいくらなんでも早くない?

など悩んでいる人が多く、中にはハゲが理由でマイナス思考になりうつ病になったりする人もいるみたい。。。

周りの人の髪の毛と比べてみたり、時には周りの人の気遣いやフォローが辛かったり・・・

気にするな!って言われれば言われるほど気にする・・・

精神的にも大ダメージ!!!

ハゲで笑いをとってる面白い芸人さん達もたくさんいます。

でも自分は芸人ではない・・・(><)

何とかならないのでしょうか。

育毛対策として専門のクリニックや皮膚科などで処方してもらう方法と、育毛剤があります。

病院・専門クリニック

土・日・祝日はお休みの所がほとんどです。

平日でも夕方までだったり、日中お仕事をしている人はなかなか通う時間がありません。

休みをもらって病院に行く事もできますが、

ハゲの治療の為に病院!?

誰かに入るところを見られたら・・・

など人目を気にする人からクリニックや病院に行くという事は勇気がいる行動かもしれません。 

育毛剤

育毛剤は購入さえしてしまえば、人目、時間なども気にせず自宅でこっそり対策できます。

自ら話さない限り、誰にも育毛剤を使用してるという事がバレル事はありません。

育毛剤にも色々種類があるようです。お値段もピンキリ!!!

どれが自分に合っているのか色々試して見るもの良さそうです。

残念ながら、ハゲはどんどん進行していきます。ほったらかしにして、気がついた時には

あっ・・・・

手遅れ・・・・

なんて事にならない様にしたいものです。

若ハゲは若ければ若いほど改善が可能なようです。

フサフサも夢ではない!!

でも、何に関してもそうですが、使い続ける事に意味が有る!!

諦めずに、自分にあった方法を見つけてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする